飲食店の開業に必要な資金額についてまとめた情報サイト

>

飲食店の開業における資金調達と自己資金比率

開業資金の調達方法

飲食店の開業を望むのであれば、飲食店としてのメニューやコンセプトが重要であることはもちろんですが、開業資金なくして開業が叶うはずもないため、開業資金を調達する必要があることは火を見るよりも明らかなことではないでしょうか。

開業資金の調達方法として、自らの預貯金と資本を現金化することで捻出する自己資金は必須となるものの、自己資金は個人で用意する資金であることから、例外を除き高額を用意することは難しく、開業資金の3割を賄えれば十分ですが、開業するためには残る7割を賄わなければならず、一般的には公的金融機関や民間金融機関からの融資や親族から金銭を借り受けるのがスタンダートで、成功率を度外視するなら近年はこれに加え、クラウドファンディングや投資家による投資といった選択肢もあります。

自己資金の比率について

自己資金は自ら用意する資金であることから、融資のように返済の義務はありませんし、利子が生じることもなく、投資を受けることで投資家から経営に介入される可能性も一切生じないため、自己資金のみで開業資金を賄えるのであれば、最良であると言っても過言ではないのです。

自己資金のみでの開業が最良であるものの、個人による自己資金のみでの開業は実現性に欠け、現実的に考えるのであれば、自己資金では足りない資金を公的金融機関や民間金融機関からの融資で補うのが無難であり、極論、融資だけで開業資金を賄えるのならそれでも構いませんが、金融機関が開業資金を全て融資で賄おうとする事業者を信用する可能性は極めて低いので、社会的な信用を築くためにも開業資金の3割は自己資金で賄うべきでしょう。