飲食店の開業に必要な資金額についてまとめた情報サイト

>

飲食店の開業に必要となる資金と費用の内訳

飲食店の開業に必要な資金

業種に関係なく、基本的に開業に当たっては開業費用を賄うための開業資金が必要であり、飲食店の開業に際しても、当然ながら開業資金が必要となるわけですが、飲食店を開業する場合、店舗や調理用の設備に加え好立地が必要となるため、他の業種に比べると開業に必要な資金額が多くなると想定するべきでしょう。

ちなみに、具体的に必要な資金額について考えるなら、店を最小限の規模にし、立地条件の悪さを飲み込んでも、500万円では心もとなく、700万円以上が望ましい金額ですが、700万円という金額は最低限の金額であり、1000万円以上の資金を用意できるのが理想的です。

もっとも、700万円から1000万円という資金を個人で用意するのは非常に骨が折れるため、開業費用の3割ほどを自己資金で賄い、残りの費用は融資等による資金作りで補うのが無難ではないでしょうか。

開業に必要な費用は主に二種類に分類される

開業するための費用として開業資金で賄うことになる開業に必要な費用は、大雑把に分けると、開業するために必要なものを取り揃え、店舗や設備等を用意するための開業費用、経営が軌道に乗るまで経営や設備を維持していくために最低限備えておくべき運転費用の二通りであり、開業資金で両者を賄うわけです。

開業費用と運転費用、それぞれの目安となる金額を考える場合、店舗の規模を抑制し、立地条件の優先度を下げるなら、200万円から300万円で開業費用が賄えることが見込め、運転費用としては、飲食店の経営が成功するか否かの分水嶺である6ヵ月分を想定した固定費用に生活費を加えた金額が必要となりますが、固定費用は経営規模に左右されるので、金額を具体的に提示することはできません。