飲食店の開業に必要な資金額についてまとめた情報サイト

>

資金が十分にあっても各種申請や手続きに自信がない場合

飲食店を開業するメリット

様々な業種がありますが、日本において開業されやすい傾向にある業種の一つが飲食業であり、飲食店の開業が積極的に行われる要因として、顧客に商品を販売する業種の中でもメニューのラインナップ絞りやすく、絞り込んだラインナップをベースとしたメニューの水増しも比較的容易に行える点などが挙げられ、専門店の形を取れば、メニュー開発に費やす時間を抑制できます。

何より、飲食業は儲けが大きく、顧客の獲得に成功した際の利益が高い上に、原価率を抑制しやすいなど、成功した場合のリターンが大きいことで知られており、大きなリターンを求めて飲食店の開業を試みる事業主は、法人・個人事業主共に非常に多く見られるなど、利益の高さが最大の魅力でしょう。

飲食店を開業するデメリット

原価率が低く、利益を上げやすい業種である飲食業は、成功した場合における利益の大きさを魅力としており、毎年多くの新規事業者が参入し、飲食店の開業を行っていますが、飲食店が大きく利益を上げる、つまり儲かるというのは顧客の獲得に成功して経営が軌道に乗った場合に限られ、失敗した際のデメリットは避けようもありません。

加えて、飲食業は利益を上げやすく儲けやすいものの、飲食店として店舗を構える場合、店舗と設備を整えるために開業に必要となる資金が跳ね上がりますし、顧客の需要上、土曜日や日曜日はおろか、祝日も書き入れ時である可能性があるなど、時間と日数の融通が利かず、労働時間が長くなりがちになる他、好立地が求められるなど、要求される条件が厳しいのもデメリットです。